脱毛

【脱毛】の種類と比較

7月も半ば。今年の夏も本格的になってきました。肌の露出も増え、紫外線、日焼け等、夏ならではの対策行っていますでしょうか。肌の露出が増えるからこそいつも以上に気になってくるのがムダ毛の処理女性はもちろん近年では男性が脱毛を行うのも当たり前の世の中になってきているようです。ちなみに私自身も脱毛しています。

 一言にムダ毛処理や脱毛といっても様々な種類がありますよね。一番多くの方がやっているのが家庭での処理ですね。剃刀でワキや腕毛を処理した経験もあるんではないでしょうか。今回はムダ毛の処理や脱毛について詳しく書いていきたいと思います。ちなみに、このジャンルについては今後さらに豊富にしていくので楽しみにしていてください。

脱毛にはどんな種類があるの?

脱毛には大きく3種類に分けられます。1.医療脱毛 2.サロン脱毛(光脱毛) 
3.家庭脱毛の3種類ですね。電車の中にもよく脱毛の広告があったりしますが、気にかけて見ているでしょうか。それではそれぞれの特徴について紹介したいと思います。

医療脱毛

医療レーザー脱毛ともいわれますね。この種類の脱毛は永久脱毛に分類されます。他のサロン脱毛や家庭脱毛を推している記事等を見かけますがそれらは脱毛後も一定期間すると再び生えてきてしまいます。また、医療脱毛の定義は

レーザ照射を3回施術した後、6か月にわたって

67%の毛が減少している状態が維持されること

です。今回比較する3種類の脱毛の中で最も効果の高い方法となります。また、医療脱毛をする施術者は国の認定がないとできないので、その点について私達からすると安心といえます。

 しかし、唯一のデメリットが他の脱毛方法と比べて値段が高いという点です。一回の施術で15~30%の量の毛が脱毛できるという事ですから、平均すると5回通えば体毛のだいたいは処理できます。したがって、多くの脱毛クリニックで5回コースが適用されているのですがコース価格が25万~35万の間で設定されていることが多いです。どうでしょうか。結構お財布にいたいですよね。しかしながら、分割払いも対応しているので月々1万円からという方もいればさらに安く5000円程度から始められるといった利点もあり、総額では高く思えますが、意外と手の出せる価格でもあるかもしれません。

また、医療脱毛の場合、東京、大阪などの都会では多く出店しているものの地方では店舗数が少なかったりしますのでアクセスが不便な場合が多いです。

そして、多くの方が心配しているのが痛み毛の密集しているワキ、股付近はかなり痛いです。特に女性の中でVIO脱毛される方も多くいらっしゃると思いますが、毛の密集している部分は我慢が必要なようです。腕や足などは比較的、毛自体が細く密集度も低いため、痛みはそれほどありません。以上の点をまとめると、

医療脱毛のメリット
  • 絶大的な効果がある
  • 月々の支払は自分で設定できるので積極的にいけるかも。。
医療脱毛のデメリット
  • アクセスが不便
  • 総額が高い
  • 痛みが強い

サロン脱毛(光脱毛)

さて、次に紹介するのはサロン脱毛です。半永久的な効果がある医療脱毛と比べてどのような点が違うのでしょうか。見ていきましょう。

光脱毛は機関にやってもらう脱毛の中では最も痛みの少ない脱毛方法です。光脱毛は医療脱毛のような国の特別な許可がいらない分、出力できる光の強さが弱く効果が出るには少し我慢が必要です。そして、特別な許可がいらないとはとてもいいことで、施術できる人が多くいるので、待ち時間や予約が容易に取れるといったメリットもあります。また、光脱毛はなんといっても値段が安いという点が一番に挙げられます。一回当たりの料金換算でも医療脱毛の半分くらいの値段で受けられます。光脱毛は良いこと尽くしなのですが、施術のスピードが鬼速いです。学生さんなら、学校帰りに、OLさんなら仕事帰りに20分程度あれば施術でできるので時間のない方にもおすすめです。

しかし、光脱毛は出力する光強度が低いため、脱毛するのに期間が必要だという事を忘れてはいけません。医療脱毛の2~3倍程度の時間(期間)が必要だと思って下さい。医療脱毛のように半永久的な脱毛効果はないので全くなくなることはないですが、光脱毛でも毛の線自体が細くなり目立たなくはなるので、それほど体毛の濃くない方にはお勧めできます。

サロン脱毛(光脱毛)のメリット
  • 値段が安い
  • 痛くない
  • 帰り道とかでもサクッと短い時間でできる
サロン脱毛(光脱毛)のデメリット
  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 半永久的ではない

家庭脱毛

それでは最後に家庭脱毛について紹介していきたいと思います。上記二つはどうしても外の機関でやってもらうため時間を多く割かないといけないです。しかし、これは家にいるときならばいつでもできて人の目も気にならないため手軽に済ませたいという方にお勧めです。

家庭脱毛の特徴としては自分自身で出力する光を変えることができるという点ですね。すこし痛いと思ったら低くすればいいだけです。やはり、家庭脱毛器であるだけお値段も安く、手軽に使えるという点が最大のメリットです。

しかし、家庭脱毛器は個人で扱える分機械自体も小さいのでサロン脱毛よりも出力する光が弱いです。したがってその分脱毛効果が薄れます。脱毛効果が薄れるといっても脱毛器具なので、他人から見てわからない程度、触ってすべすべになる程度は実現できます。それの状態になるまでの時間が少しかかるというだけです。

家庭脱毛のメリット
  • さらに安い値段で脱毛できる
  • 3種類の中で最も痛くない
家庭脱毛のデメリット
  • すぐの脱毛効果は得られない。

家庭脱毛器の世界で一番のシェアをたたき出しているのが「ケノン」です。子の脱毛器は7万円程度で購入でき美容効果も期待できるため家庭脱毛をしようという方にはもってこいの一台です。腕、ワキ、足はもちろん、アンダーヘアまで処理できるという優れものです。また、肌のトラブルもなくリピーターが多いので安心して使い事ができると思います。下にリンクを載せておくのでぜひHPを見てみてください。

今回は脱毛の種類について紹介させていただきましたが次回以降はそれぞれの脱毛を展開しているおすすめのクリニックやサロンの比較や脱毛後の処理・注意点等を紹介していきたいと思います。

「ケノン」公式ショップはこちら