キャリア

将来稼ぐための働き方ってどんなのだろう

将来設計についてどのように考えていますか。僕自身この問題についてすごく考えてしまうので記事にしてみました。

この記事のまとめ

好きなことをして稼ぐにはブランド化する

従来の働き方は古い

遊んでいる人が稼ぐ

現在の社会においては”働き方”について様々な問題提起がなされています。

女性の社会進出・労働環境の改善・最低賃金の向上・税金など様々で昨今においてはYutuberなど従来の働き方では考えられなかったような「好きなことをして稼ぐ」というような働き方ができる社会になってきました。

実際に社会も副業など個人が会社に属しながら”自分自身でビジネスを持つ”ということを容認してきて多くの会社で個人が事業を持つといったことも珍しくなくなってきました。

そんな中で皆さんはどのような働き方をしていきたいですか。特に大学生や高校生の人は将来的にどんなキャリアプランを描いていますか。

今年発表された「中学生の将来なりたいと思う職業ランキング」では、ITエンジニア・プログラマーに続きゲームクリエイターが2位。そしてなんと3位にはあのYouTuberが入ってきています。

確かに、大人気YouTuberのヒカキンやはじめしゃちょーなどみていて楽しいですし、子供のころなら確かにこんなに楽しそうなことをしてお金が稼げるというならば自分もやってみたいと思うのは当然です。

稼ぐとは何か、じっくり見ていきましょう。

現代社会の働き方

ーーー好きなことをして稼ぐ。現在の社会構造でこれをしている人はおそらくごくわずかです。

周りの人を見てください。学生の方は、周りの大人を見てみてください。

僕は学生です。毎日電車で学校に通っています。しかも片道一時間。ほんとに時間の無駄でしかありません。僕が無駄な時間を過ごしていることも問題ですが、やはり、それだけの時間電車に乗っているといろんな人の顔を見ます。大阪から京都に向かう電車に乗っているので、沿線の”パナソニック”や”任天堂”に勤めてらっしゃる方も中にはいると思います。

くまねこ
くまねこ
この人たちは今の生活に満足しているのかな?仕事にストレスとか抱えてないのかな?

しかし、僕が考えていることはひとつ。”労働者である限り、真の裕福には一生なれない”という事です。

どういうことか。毎日朝から晩まで働いて、月末にお給料をもらう。日本の場合は(特に大手日系企業は)まだまだ年功序列の社会です。そして現在の日本のサラリーマンの平均年収は約450万~500万円です。大手の会社で働いているお父さんやそこら辺のおじさんは正直言って結構な額をもらっているでしょう。

それでも、決して裕福ではないのです。

なぜなら、負債の返済ですべてが終わってしまうからです。”衣食住”にかかるお金、通信費、教育費、人付き合いなどそんなことをしているうちにお金はドンドンなくなっていきます。毎日働いても出ていくところしかないのです。

本当に裕福に生きていくならば労働者であることをやめなければいけません

4種類の働き方

多くの人が労働者であるわけですが、その他にも働き方がありますよね。

Employee 従業員
Self Employee 自営業者
Business Owner ビジネスオーナー
Investor 投資家

 

皆さんはどれに該当しますか。多くの方は従業員であると思います。その他にも個人事業主・社長・投資家がありますね。

日本で一年間の年収が億に届く人というのは限られていますが、50%以上が投資家であるという現実を知っていますか。

従業員

多くの人が該当します。時給で換算することができて、日本一年収の高いと割れているキーエンスの社員さんは時給8000円程度といわれています。この方々が年収2000万円ほど。日系大手の企業の方は平均年収800万~900万といわれています。その方々で時給4000円程といわれています。それでも多いほうです。

これらの従業員に共通することは、自分の時間と引き換えにお金をもらっているということです。

自営業者(個人事業主)

社員さんとかは雇わずに、自分の時間と引き換えに自分自身で労働してお金を得ることができます。この場合は商売の繁盛によって収入が上下に振れてしまうことが多く、稼げる人はとても稼げるだろうし、そうでない人はなかなか苦しい生活となるというのが実情です。

その人の実力によるところが大きいというのが現状です。イメージしやすいのは”八百屋””美容室”、”芸能人”とかがこれに当たりますね。

ビジネスオーナー

一般的に言う”社長”です。トヨタ自動車の豊田章男さんやサイバーエージェントの藤田晋さんなどがそうです。

この人たちは自分自身の時間を引き換えにというよりかは”人を動かして”稼ぐといった形です。

そして、多くの人の暮らし、その家族を養っているという事になりますのでその人の責任はやはり大きなものであり、社長のかじ取りが会社の方向性を決めてしまいます。

投資家

”億”稼いでいる人の半分はこの”投資家”と呼ばれる人たちです。不動産・FX・株など投資対象は様々ですが、資産をつぎ込んで金額の差でもうけを得ようというというものです。しかし、資本主義社会において成功するのは原則この”投資家”です。

この人たちの特徴としては”お金でお金を生む”という事です。


好きなことをして稼ぐ

皆さんが今働いている環境はどのような環境ですか。私も学生という傍らアルバイトをしているので”従業員”です。

大学卒業予定の新卒の方に会社に求めることは何か。というアンケートでは、当然ながら上位なのですが、やりがいなどよりも休暇・プライベートを優先したいという人の数が多くなっています。

つまり、多くの人”現在の若者”とでもいったほうがいいのでしょうか。その方たちは自分優先的な考え方が色く普及していると思います。自分の好きなことをして、自由に時間を使って、束縛されたくないといった考え方です。

私もそのように考えています。何かに拘束されるよりかは自分の時間を大切にして、より快楽を感じることをするほうに重きを置いています。

しかし、それをしていて稼げるかというのはまた別問題です。

稼ぐとなると、自分のしている事にお金を払っているユーザーなり、仲介者がいるわけですのでただ単に好きなことをしていてはただのニートと一緒です。

稼ぐためには自分のしていることを発信するツールが必要でそれをブランド化することが必要です。また、不労所得なんてものは存在しないと思っています。YouTubeで稼ぐにしても継続的に投稿していかないと稼ぐことができないので基本的にその考え方はしないほうがいいのかも。

好きなことをして稼いでいる人は非常に限られています。会社に属しながら本当にやりがいを感じて働いてらっしゃる人もいるかもしれませんが少数です。

したがって、僕が考えるに、将来的に好きなことをして稼ぐにはそれを”ブランド化”して、他人から見たときに魅力的なものにする・それにお金を払ってもらっているという感覚が大切で、そういったシステムを作ったり、継続する努力をしていくことが必要です。

これからの時代で稼ぐには。

はっきり言って、「遊んでいる人」です。これから先の働き方について、昔との比較はもうできません。

お父さんお母さん世代は、大学を卒業して大企業に入れば、一生安泰なんて言われてきましたがもうそんな時代ではありません

自分を”ブランド化”することが大切です。私の魅力は何なのか、人と比べたときにとびぬけて持っている資質・能力はなんなのかという事を意識してみてください。

そういった、ポテンシャルの高い人にはありがたいことに”自然と”人が集まり、お金が集まり、仕事が任せられます。

いわゆる個人事業主でしょうか。

そして、ある程度お金に余裕ができたら、そのお金を投資して”お金でお金を生み出す”仕組みの中に入っていくことです。

一つ言えることは先ほど述べた働き方4種類ですが、一つの軸のみにどっぷりはまらないようにすることが大事なんじゃないかと思います。

どういうことかというと、従業員をやっている人は、従業員だけで生計を立てないほうが良いという事です。

従業員としての収入もありながら、一方で個人事業主(副業)の収入もあるといった収入の形・システムを作り上げることでより豊かに暮らすことができるのではないかと思います。

私は現在学生ですが、アルバイトという無駄な”時給労働”しつつもこうしたブログでも少しづづ稼ぎを得ていきたいと考えています。

そういった点からも、これからは”自分をブランド化して他人から見て価値のある人間”になっていくことでこれからの時代を生き抜く術を手に入れることができます。


お金がすべてなのか。

これに関してはシビアな話です。”好きなことをして低収入”・”嫌いなことして高収入”・”好きなことして高収入”とう様々だとは思いますが、正直言ってお金がないと何もできません。

逆にお金があれば何でもできます

日本人はお金の話に対して下品な印象を持ちがちですが、生きていけるかいけないかを考えるうえでとても大切なことです。

資本主義である以上、やはり会社に属していながらも自分で稼ぐといったことが必要で、それができない人は社会からは守られません。

それが資本主義で能力のある人が結果も得られるというのは当然です。この段落のタイトルがいかにも嫌なタイトルですが”お金は大切”という事は間違いありません。

家族・生活・人付き合い・ビジネス等すべてお金ありきで物事が進んでいきます。それだけ権威のあるモノであり、必要十分条件です。したがって私はそう考えます。

まとめ

要約

好きなことをして稼ぐにはブランド化せよ

従来の働き方はもう古い

これから稼ぐ人は”遊んでいる人”

以上長々と書いてきましたが今回伝えたかった事は上記に3点です。

今後どのような働き方をしていきたいか、是非一緒に考えていきましょう。