ガジェット

「縛りなしWifi」のエリアどこまでつながる?使えない範囲は?

こんにちは。くまねこです。

今大人気の「縛りなしWifi」ってどうなの?

安くて、契約年数の縛りとかがないから人気だって聞いたけど実態がわからない

そんな方に詳しく紹介していきたいと思います。

外出先での通信が多くてモバイル回線だとすぐに速度制限が来ちゃうという方や
多くの会社で2年や3年縛りだから契約更新がまどろっこしくて嫌だという方に
紹介したいのが今回の「縛りなしWifi」です。

特に今回は「縛りなしWifi」がつながる範囲・つながらない範囲について徹底解説していきたいと思います。

こんな人におすすめ

「縛りなしWifi」の通信可能範囲について知りたい。

ポケットWifiを新規購入しようと考えている方

縛りなしWifiってそもそもなに?

そもそも縛りなしWifiって何ですか?

縛りなしWifiは「契約期間の縛りなしでWifiのサービスが受けられる」ものです。

多くのポケットWifiを提供している会社はありましたが、冒頭にも述べましたようにその多くは2年契約3年契約でその毎に更新しないといけません。

縛りなしだと、自分が必要でなくなったときや、都合の悪くなったときにいつでも契約解除することができます。

レンタルなのでいつでも契約解除

他の会社よりも安い価格

初期手数料0円

 

電波の届かないところ

対応端末によってどれくらいの強さで電波を拾うのか、地下や山奥のどの範囲まで電波が届いているのか気になります。

せっかく契約したにも関わらず、自分の住んでいるところは全く電波が入らないなんてことは嫌ですよね?

そもそも電波がないってことあるのか?

A.あります。

多くの地域に対応しているといえどここはつながりにくいといった場所が存在しています

山奥の高速道路

トンネルの中

地下鉄の駅間

ビルの入り組んだ個室

実際に使ってみてなんでここがつながらないの?とすこしイライラすることもありましたので、少し細かめに書きました。

共通しているのは、障害物のたくさんあるところです。

山奥の高速道路にしろ、周りが山ばっかりなのでそれが障害物になって電波が届きにくいです。

田舎の方で山に囲まれた地域にお住まいの方は見たことあるかもしれませんが、山の中腹部にアンテナみたいなものが付いていますよね?

実はあれ、テレビやラジオの電波を反射させて麓に住んでいる方の家に電波を届けるためについているんです。

その他にもFMやAMをラジオが遮断されるトンネルの中や、地下鉄の駅と駅の間などは全くといっていいほどつながりません。

地下鉄に関しては全くつながりません。しかし、地下鉄の乗っている時間というのはさほど長い時間ではありませんよね。なので、大きく問題視する必要はないと思います。

問題なのはビルやマンションの入り組んだ個室です。

特に学校や部屋の密閉された空間や、その部屋が窓や外から遠い場所にあったりすると電波が通らないor1本しか強度がないといったことが起きます。

私自身も、使ってみて初めて気が付いたので驚きました。

おすすめできないかも…

田舎の山奥に住んでいる方
部屋にこもって使おうとしている方

公式が発表している対応範囲を「縛りなしWifi」が使える端末別に見てみましょう。

端末別の対応範囲(公式より)

「縛りなしWifi」が対応している端末は以下の4種類です。

Softbankから2端末、WiMAXから2端末です。

それぞれのスペックについて少しだけ紹介しておきたいと思います。

Softbank  603HW(最新版)

速度 下り最大612Mbps
同時接続 13台
連続通信時間 約8.5時間
連続待受時間 約850時間

Softbank 502HW

速度 下り最大187.5Mbps
同時接続 10台
連続通信時間 約10時間
連続待受時間 約850時間

WiMAX W05(最新版)

速度 下り最大440Mbps
同時接続 10台
連続通信時間 約14時間
連続待受時間 約700時間

WiMAX W04

速度 下り最大187.5Mbps
同時接続 10台
連続通信時間 約10時間
連続待受時間 約850時間

それぞれ、Softbank・502HWとWiMAXW04 は旧端末になりますので特に理由がない限りは最新版を使うようにしましょう。

さて、それぞれの対応範囲についての詳細はこちらをご参照ください。

基本的には日本全国どこでもつながるようには対応していると思いますがもしもの時、自分の住んでいる地域がだめなこともあるのでポケットWi-Fiを契約する際には必ず確認が必要な項目です。

まとめ

さて、今回は「縛りなしWifi」の対応端末とその範囲の紹介をさせていただきましたがいかがでしょうか。

大学生や社会人と問わず、ポケットWi-Fiを持っている人が多くなってきましたが、つながらないとという事がないようにしっかりと事前準備していきましょう。

今回は”範囲”に絞ってお伝えしましたが今後さらに展開していくので楽しみにしていてください。

最後までありがとうございました。

縛りなしWiFiの詳細はこちら